仲介手数料無料+キャッシュバック!東京・神奈川の新築一戸建て・中古マンションならゼロ区!

実際どうなの?新築戸建て❝建売❞住宅を選ぶメリット・デメリット

戸建て住宅を購入する際の選択肢として挙げられるのは
・注文住宅
・売建住宅
・建売住宅
です。

「注文住宅」は、土地を探した上でその土地の上に自分の建てたい家を1からプランニングして作り上げていきます。ハウスメーカーや工務店に注文をし、設計士・建築士をつけて理想の間取りや居住空間を考えた上で施工に入ります。

「売建住宅」は、あまり聞き慣れないかもしれませんが、注文住宅と建売住宅の間をとったような住宅です。コンセプトや設計などは予めいくつかの種類が用意されており、その中から気に入ったものや理想に近いものをベースとして、好みを組み合わせながら理想の家に近づくようにプランニングした上で施工に入ります。

「建売住宅」は、土地と建物がセットで販売され、建物に関して間取りやデザインなどを決める事はできません。❝既に出来上がっている❞新築戸建てを購入するイメージです。契約時期が施工の初期などであれば、内装の細かい部分(例えば壁紙など)を選ばせてもらえたりする程度なら融通がきく場合もあります。

「戸建て住宅」購入方法の選び方

「せっかく大きな買い物をするのだから、自分達が納得のいく家を手に入れたい。」そう思うとはやり、理想の家を好みに合わせて建てる事ができる注文住宅が良いのではないかと思いますが、決めるべき事が山のようにある注文住宅では、何度も何度も納得のいくまで相談を重ね、実際に家が建つまでに要する時間は1年程またはそれ以上であると言われます。忙しい現代人には、それだけの時間を捻出するのは容易ではありません。
それなら良い条件で、お買い得に、気に入った戸建て住宅を選ぶ事ができる「建売住宅」は住宅購入において魅力的な一つの選択肢であると言えるでしょう。

建売住宅のメリット

購入してから住み始めるまでが早い

施行が完了して完成している、またはある程度できあがった状態で家が販売される為、注文住宅と比較すると入居までの工数が圧倒的に少なく済みます。その為、購入~入居までにかかる時間は早ければ1~2か月程です。建築中に申込みを行った場合で、内装に関する項目(壁紙や水回りのレバーの種類など)をある程度選ぶ事が出来る場合には、建物の完成まで1~2か月と並行してローンの審査や書類の手続きなどがあり入居まで3~4ヶ月程度を要する場合もあります。それでも注文住宅の1~3年を思えば、購入を決めてから住み始めるまでの時間というのはあっという間です。

利便性の高い良い土地に建つ

駅からの距離が近い、周辺環境の良さなど、建売住宅は住みやすいエリアに建ちやすいという点も魅力です。ある程度広さのある土地を不動産会社や工務店・ハウスメーカーなどがまとめて買い上げ区画整理を行い、同時に数棟を建てるという販売方法が多くあります。家と家の敷地の境界線が明確であり、近隣の家も同時期に住み始める事から住民同士の面倒な気遣いやトラブルも少なく、建築に合わせて周辺の道路が整備される場合もあります。

自分で土地を探す場合には、それなりの良い立地に家を建てようと思うと土地の価格が高くなる傾向にあり、なかなか理想の広さや形の土地が見つからないといった懸念も考えられますが、建売住宅は戸建てでありながらも利便性の高い比較的住みやすいエリアを選択できるという点においても魅力的です。

購入手続きがわかりやすくスムーズ

売主業者によって建てられた住宅を、その住宅が建つ土地ごとまとめて購入するといった流れになるので、売買契約の流れがわかりやすくスムーズです。手付金を支払い、残りのお金(土地+建物)を一括して住宅ローンで組む事ができます。マンションを購入する時も同じ流れとなりますが、注文住宅で土地と建物を別々に購入する場合にはローンの組み方などが変わってきますのでその分手続きが大変になります。その点建売住宅であればローンも組みやすくスムーズに手続きを進める事が可能です。

注文住宅に比べて価格を抑える事ができる

建売の場合、同じ間取り・内装・デザインを利用していくつも建物を建てる為、施工における建材の規格化・大量注文が可能になりコストダウンにつながります。その為建物自体の価格を抑える事ができ、規格化する事で施工行程もマニュアル化されスムーズな作業が容易くなり工期が短くなります。工期が短くなるという事はそれだけ施工業者の人件費も安く済みます。
あらゆる面でコストカットが可能になる為、注文住宅と比較すると金銭的な部分の負担が抑えられる傾向にあります。

建売住宅のデメリット

間取りやデザインなどが選べない

建売住宅では売主業者が予め決めたデザイン・間取りで家が建てられます。特に建売住宅の場合は、広めに土地を買い取った業者が何棟かの家を同時に施工し同時に販売する場合が多く、施工に伴う建築資材などは色やデザイン・形などを規格化する事で大量生産を可能にし、コストダウンをはかっています。

その為同区画内の家々が同じコンセプトの住宅となる場合が多く、外観は似たもの同士となり、間取りも似通ったものが多くなります。そのエリア一体をコンセプトパーク化する事でブランド性が高まりますが、表現を変えれば没個性的でもあり、自分の好みや理想を選んで具体化する事はできない為、こだわりの強い人には物足りない住居となる場合があります。

品質チェックが難しくトラブルとなる場合も

土地を管理する不動産会社や工務店が区画整理を行い建築会社に施工を依頼して家を建てていきますが、決められた工期でマニュアル的に作業が行われる為施工途中のチェックが甘くなる等する恐れがあるとも言われます。購入者も、既に施工が完了している家を見て購入する場合が多いので、建築段階を見る事はできません。

後になって❝欠陥住宅❞であったという事例も少なくは無い為、購入時には慎重な判断が必要と言えます。アフターフォローの有無や期限に関してもしっかりと確認を行う事が必要であると言えます。

建売住宅の購入に向いている人

  • できるだけ早く家を手に入れて住み始めたい
  • 予算を少しでも抑えて家を購入したい
  • 土地が無いので土地を探さなければならない
  • 実際の建物を見てから購入したい

上記のような人は、注文住宅よりも建売住宅の方が無駄な煩わしさも無くスムーズな住宅購入ができると言えます。
打ち合わせなどにかける時間や労力を思うと、圧倒的に楽に家を購入する事ができます。

まとめ

土地の有無や購入時期により「建売住宅」にするのか「注文住宅」にするのか、または売建住宅にするのかの選択肢は限られてくるとは思いますが、建物にかける拘りが強く個性を大事にしたい人はやはり注文住宅がオススメです。

しかしもっとスムーズに、できるだけ低価格で憧れの戸建てマイホームを手に入れる為には、建売住宅というのは理想的な購入方法であり、懸念されるデメリットの部分さえうまく払拭できれば非常に満足度の高い住まいとなる可能性も十分にあります。

新築戸建購入の際の優先順位についてしっかりと軸を決めて、そこから自分に合った家づくり・購入方法を選べれば、納得のマイホームを手に入れる近道となるかもしれません。

物件探しのお役立ち記事

ゼロ区オススメ記事

新築戸建てを考える。安定の二階建てから人気の平屋、好効率の三階建てそれぞれの特徴とは?

実際どうなの?新築戸建て❝建売❞住宅を選ぶメリット・デメリット

人口増加が続く大田区の魅力とは何?住まいを選ぶポイント 〜大田区のエリア特性、マンション市場と新築戸建ての価格はどうなっているのか