仲介手数料無料+キャッシュバック!東京・神奈川の新築一戸建て・中古マンションならゼロ区!

猫と暮らす家にはこんな工夫がイイね!6つの悩みを解決する方法!

猫が大好き!猫と一緒に暮らしたい!と思っている人ってとても多いですよね。2017年に犬の飼育数を猫が上回ってから、2019年秋までずっと猫の飼育数はゆっくりと増加しています(一般社団法人ペットフード協会調べ)。

これだけ飼育数が増えてくると、中には「生まれて初めてのペットが猫」「引っ越しを機に猫を飼いたい」というような人も出てくることでしょう。猫を飼っている人からすると当たり前と思えることでも、初めて飼う人にとってはよくわからないことも多いですよね。

実は猫を飼育するきっかけとして一番多い理由は「ペットを拾った。迷い込んできたから」なのです(一般社団法人ペットフード協会調べ)。このことから、拾ってきた猫と突然一緒に暮らすことになった人もかなりいるはずです。

そこで今回は、猫を飼っているときの6つの悩みとその解決方法を考えながら、「猫と暮らす家」にはどんな工夫をすればいいかをお伝えします。特にリフォームする人やこれから家を建てる人にとっては必見の情報です。

猫と暮らす家の悩み6つとその解決法

かわいらしい猫を見ていると、本当に癒やされますよね。猫のいる生活はとても楽しいですが、一緒に暮らすとなると困ったことが色々と出てくるものです。ここでは猫と快適に暮らすための家について、よくある悩みを解決しながら考えていきましょう。

爪とぎで壁や床がボロボロになる

猫に壁や床で爪とぎをされてしまい、家のあちこちがボロボロになることがあります。「この部屋だけは諦めた…」と自由に爪とぎできる部屋を決めているなんてお宅もありますけど、やはり家を傷付けられたくはないですよね。

猫にとって爪とぎは習性ですから、やめさせることできません。なぜなら爪とぎには「狩りの武器」「自己防衛」「マーキング」「ストレス解消」「遊んで欲しい」など、猫にとって欠かすことのできないさまざまな目的があるからです。

解決法:傷に強い壁と床にする


出典:DAIKEN CORPORATION

家の中のあちこちにひっかき傷を作って、家族も猫も悲しい思いをしないためには、どうしても爪とぎさせたくない場所は、傷に強い壁と床に替えましょう。それから猫の爪とぎを設置してあげれば安心です。爪とぎを用意しても全く使ってくれないということもありますので、まずは「壁で爪とぎするのは当たり前」と思って対策しておけば安心です。

ハピアウォールハードタイプなら、猫の爪とぎに強い特殊強化の化粧シートを使っているので、一般のシートよりも傷つきにくく、猫を飼っているお宅にはオススメです。ただし爪とぎ用の壁ではありませんので、別で爪とぎは用意してくださいね。

ワンラブフロアワンパークフロアスリムは、傷つきにくくお手入れもカンタンなので、犬だけでなく猫と暮らす家にも適しています。猫の足音が気になる人には、防音機能もあるワンラブオトユカもオススメです。

最近では、猫の爪とぎに強い畳「わんにゃんスマイル畳」なんてものもありますので、畳部屋で猫を飼いたいという方には、こちらもオススメです。


出典:加藤畳

わんにゃんスマイル畳は、爪とぎに強いだけでなくアレルギーの原因となる菌やカビも抑制してくれるので、人間にも優しい畳だといえるでしょう。この畳には他にもすぐれた効果がありますので、ご紹介します。

  • ・ペットが滑らない安全な素材
  • 「クッション性があって滑らない」ペットが元気に走り回っても安心です!ペットの足や腰に負担が少なく、ケガの予防につながります。

  • ・摩耗に強いレザー生地で爪の跡がつきにくい!
  • ペットとの暮らしで困るのが、畳やフローリングのひっかきキズ。わんにゃんスマイル畳なら、きれいに使い続けることができます。

  • ・拭き掃除ができてお手入れも簡単
  • ペットの毛がからまったり、水分を吸い込んだりしないサラサラ素材。抜け毛や食べこぼしのお掃除も、さっと拭くだけでOKです!

  • ・抗菌加工で清潔キープ
  • わんにゃんスマイル畳は表面に「コーキンマスター™」を施しています。菌やカビに効果的です!悪臭やアレルギーの原因になる菌・カビの増殖を抑えますので、お子さまがいるご家庭にもオススメです。

引用元:加藤畳

ついでに肉球を愛してやまない方にピッタリ「わんにゃん肉球畳」もオススメしておきますね。猫ちゃんの本物の肉球とぷにゅぷにゅ具合を比べてみても楽しいのではないでしょうか。


出典:加藤畳

抜け毛、糞尿、嘔吐で床が汚れる

猫を飼っていると抜け毛の掃除が大変です。猫は年に2回、春と秋に毛が生え替わり、この時期には通常の10倍くらいの毛が抜けると言われています。春と秋に毛が抜けて生え替わる理由は次のとおりです。

これから迎える暑い夏、そして寒い冬を乗り越えるため被毛が自然と変化するようになっているのです。夏毛はやや硬めの被毛で、密度が薄く熱を逃がしやすいようになっています。反対に冬毛は、羽毛のように柔らかく密集して生えることで体温を逃さないようになっています。

引用元:REANIMAL

ところが、これは外で生活している猫の話で、家庭で飼われている猫はこの時期にかかわらず、年中抜けているということもよくあります。家の中はいつも快適な温度に保たれていますので、毛が生え替わる必要がないからなのです。

つまり猫を飼っているお宅では、年中抜け毛に悩まされる可能性があるということですよね。実際、私も子どもの頃に猫を飼っていましたが、毎日掃除機をかけてもすぐに猫の毛だまりができるので、大変だなーと思っていました。

解決法:お掃除しやすい床にする


出典:DAIKEN CORPORATION

抜け毛だけでなく、糞尿をトイレ以外でされたり、吐き戻しで汚されたりということも、猫と暮らす家では日常茶飯事ですので、掃除は逃れられないと考えて、手入れしやすい床にします。

ワンラブフロアなら、犬にいいのはもちろんのこと汚れにも強いので、猫を飼っている人にもオススメできます。よだれやおしっこがついても変色しにくい加工がされているので、吐き戻しにも粗相にも余裕で対応できるでしょう。

トイレから悪臭がする

消臭機能がある猫砂を使っていても、家の中がちょっとクサイとなんだか気になりますよね。自分では気づかなくても友だちが家に来たときに「何かのニオイがするね」などと言われると、それがいいニオイの話でもなんとなく落ち着きません。

解決法:換気システムと特殊素材で消臭する


出典:DAIKEN CORPORATION

くさいニオイは元からたたなきゃダメ!ってことで、これから家を建てたりリフォームしたりすることを考えている場合は、いっそ家自体に消臭機能を付けることを考えましょう。

24時間換気できるエアスマートなら、窓を閉めていても自動で換気してくれるので、空気の入れ換えを気にしなくてもいつもキレイな空気の中で過ごせるようになります。

さらに天井にも消臭機能がついたものを使えばニオイに悩まされることはなくなるかもしれません。


出典:DAIKEN CORPORATION

クリアトーン12SⅡには、消臭効果だけでなく、湿度を調節する機能もありますので、菌やウイルスなどのアレルギーの原因となる物質の抑制にもつながります。ついでに鳴き声が響くのを抑える機能まで付いていますので、ペットがいる家にはありがたいですよね。

ついでに部屋の中で広い面積を占める壁紙にも、消臭機能の付いているものをオススメします。


出典:DAIKEN CORPORATION

さらりあ~と セレクタッチの消臭機能は、猫と暮らす家にはありがたいですが、シミ汚れがつきにくくお手入れがカンタンということも見逃せません。高いところに登った猫が壁を汚していても、そのたびに大掃除するわけにはいきませんので、これは地味に嬉しい機能ではないでしょうか。

高所からの飛び降り音が気になる

高いところにいる猫をぼんやり眺めていると、なんだかこっちまで優しい気持ちになってきますよね。しかしマンションなどで音を気にして生活しているようなときは、できるだけ音を立てないように降りて欲しいと願ってしまったりするものです。

解決法:音が響きにくい床にする


出典:DAIKEN CORPORATION

猫がジャンプしたときの飛び降り音は、防音効果のある床で抑えましょう。フローリングは滑りやすく危険ですので、猫が高いところに登れるようにしているお部屋では、防音カーペットを敷くのがオススメです。

防音カーペット ドレミの防音効果は、次のグラフで見てもわかる通り、何も敷いていないときと比べるとかなり違いますよね。特に一番気になるであろう「床に降りたときの衝撃音」を抑える効果があります。


出典:DAIKEN CORPORATION

防音カーペット ドレミについて、地味ながら一番うれしいと思えるところは、タイル状であるというところかもしれません。汚れた部分だけを気軽に取り替えられることは、小さなお子様がいるご家庭にもオススメできるメリットといえるでしょう。

防音効果のあるフローリングを探しているなら、ワンラブオトユカもいいかもしれません。

通り道のドアが開いたままで困る

猫が出入りするからとドアを少しだけ開けたままにすることってありますよね。エアコンで部屋の温度調整をしているときなどは、この少しの隙間があると冷暖房効率が悪くなってしまいます。

しかし猫と快適に暮らす家を考えるのでしたら、やはり猫の通り道はしっかりと確保してあげたいものです。「ドアを開けて~」とカリカリ引っかかれる前に対策しておけば、猫は自由気ままに動くことができます。

解決法:ドアや壁に猫の通り道を作る


出典:DAIKEN CORPORATION

猫の通り道のあるペットドアなら、ドアを閉めたままで猫が自由に出入りできますので、猫と快適に暮らす家には欠かせません。猫に触れても傷つけない柔らかい素材を使っているところもいいですが、入って欲しくないときにはロックをかけて出入りを制限できるのが便利ですよね。


出典:DAIKEN CORPORATION

壁に通り道を開けるペット壁内くぐり戸なんてのもあります。他にも引き戸用の通り道など、「ペットドア」で検索すると、さまざまな種類のドアが販売されていますので、予算と好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

部屋の中に十分な運動スペースがない

猫は運動するのが大好きなので、狭い部屋であっても工夫して運動スペースを作ってあげたいですよね。襲われる危険性の少ない高いところに登る習性があることから、上下運動を取り入れて安心できるスペースを確保することを考えましょう。

解決法:壁を利用して猫の運動スペースを作る


出典:DAIKEN CORPORATION

部屋が狭くても、ねこステップねこボックスなどの猫専用のパーツを使えば効果的な運動スペースを作ることができます。階段状にして高いところに登れるようにしたり、ちょっとした隠れ家を作ってあげたりすると、猫は安心して過ごせるようになりますよ。


出典:DAIKEN CORPORATION

猫と暮らす家づくりの例

猫と快適に暮らせる家づくりの例を見ていきましょう。猫がのびのびと生活している様子が伝わってきますよね。


出典:TOTO・DAIKEN・YKK APリフォーム情報サイト

窓の上にある猫の通り道と隠れ家ボックスが印象的な、明るい部屋ですね。


出典:TOTO・DAIKEN・YKK APリフォーム情報サイト

壁に猫の階段をつけて登りやすくしています。隠れ家から顔を出している猫はリラックス中。


出典:リノベる。

名前を呼ぶと壁に開けたのぞき穴から顔を出す猫。可愛すぎます。


出典:Necoi

本棚の一番下を猫の食事スペースにすれば、人の通り道の邪魔になりません。


出典:Necoi

キャットウォーク(猫の通り道)を強化ガラスで作れば、下からも様子がバッチリ見えます。

まとめ

今回はよくある悩みを解決しながら、「猫と暮らす家」にどんな工夫をいればいいのかをお伝えしました。内容をカンタンにふり返ってみましょう。

猫と暮らす家の悩みと解決法

  • ・爪とぎで壁や床がボロボロになる→傷に強い壁と床にする
  • ・抜け毛、糞尿、嘔吐で床が汚れる→お掃除しやすい床にする
  • ・トイレから悪臭がする→換気システムと特殊素材で消臭する
  • ・高所からの飛び降り音が気になる→音が響きにくい床にする
  • ・通り道のドアが開いたままで困る→ドアや壁に猫の通り道を作る
  • ・部屋の中に十分な運動スペースがない→壁を利用して猫の運動スペースを作る

猫と暮らす家づくりの例

  • ・窓の上のデットスペースに猫の通り道を作る
  • ・壁に階段をつけて猫が登りやすくする
  • ・壁にのぞき穴を作って猫が顔を出せるようにする
  • ・本棚の一番下を猫の食事スペースにする
  • ・猫の通り道を強化ガラスで作る
  • 猫がのんびりと日なたぼっこしている姿を眺めているだけで、こちらまで幸せな気持ちになることってありますよね。猫好きな人にとって、猫と仲良く暮らせる家は理想の家そのものといってもいいでしょう。リフォームする人やこれから家を建てる人は、猫目線での家づくりにチャレンジするのもいいかもしれません。猫は大切な家族ですから、お互いにストレスのない暮らしをしていきたいものですね。

    参考:
    ペットと暮らす(猫編)
    加藤畳
    REANIAML

    ゼロ区オススメ記事

    新築戸建てでお風呂を決める基礎知識

    戸建て住宅の建築工法あれこれ … プレハブ住宅編 その3

    パワービルダーとは一体?戸建て住宅購入を検討する際のハウスメーカー選びで気になる「パワービルダー」の存在とは