仲介手数料無料+キャッシュバック!東京・神奈川の新築一戸建て・中古マンションならゼロ区!

“健康に暮らす為の家”を手に入れる 「空気環境で」病気にならない健康的な生活を手に入れるための家づくりとは

人は、人生の約60%を家の中で過ごすと言われています。そしてその人生の半分以上を過ごす家の中の環境が、健康にどれ程の影響を与えているかを考えた事はありますでしょうか。
遺伝的なものなので仕方がない、そう思っていた健康トラブルが、実は住環境のせいである…そういった考えにも目向けて、健康へと導く家づくりの一歩を踏み出しましょう。

室内空気

人は、1日あたり約18kg相当の空気を吸い込んで呼吸していると言われています。食べ物や飲み物でも1日にそれぞれ2kg程度が摂取量の目安ですが、その約9倍の量の空気を体内に取り入れているのです。

空気の質

蛇口には浄水器を付け、外ではミネラルウォーターを飲むというように、飲み水に気を使ってはいませんか?
では人に欠かせない呼吸で吸い込む、「空気」に関してはどうでしょうか。排気ガスなど、すぐにわかる様な有害な空気はもちろん避けたいものではありますが、そういった有害な空気に限らず家の中の空気にも、“良い空気”と“悪い空気”があります。

当たり前のように行う呼吸により体内に取り込む空気の質にも、ぜひ気をつけていただきたいと思います。

換気能力の低い現代の家

古くから建つ昔ながらの日本の家は、風通しの良さを重視して作られてきました。
そういった家は換気能力が高く、夏の蒸し暑さや湿気を外へと逃し、空気の入れ替えが自然にできる理想の住宅と言えます。

2003年に改正された「建築基準法」において、住宅内の空気の入れ替えを自動的に行う為の「24時間換気システム」の設置が義務付けられることとなりました。
しかし、時代と共に普及する“高気密・高断熱”の住宅ではこの24時間換気システムをただ設置しているだけでは十分に室内の空気の入れ替えが機能せず、汚れた空気が室内に留りやすいのが現実です。

空気が汚れる理由

換気が十分に行われない事が何故良くないのかというと、室内の汚れた空気が家の中に滞留してしまうからです。では何故、そもそも室内の空気が汚れてしまうのでしょうか。

まず一つ目は、合板やフローリングといった建材、壁紙、塗料、あるいは接着剤といった建築に使われた化学物質から発せられる有害な気体(ホルムアルデヒドなど)ヒーターなどの燃料系暖房器具の使用により発生する一酸化炭素などによる空気汚染です。もちろん、家の中にいる人の呼吸によって発せられる二酸化炭素も空気が汚れる原因であると言えます。

二つ目の原因は水蒸気です。
キッチンやお風呂、暖房器具や人の身体からも発せられるのが水蒸気です。換気が十分に行われない事により、水蒸気が家の中に充満して結露の原因となります。この結露の発生によりカビやダニが生まれ、やがてそのカビ胞子やダニの死骸がホコリと共に空気中に舞う事で有害な空気を作り出してしまうのです。

汚れた空気の影響

家の中の空気は、適切な換気がしっかりと行われていない限りは日々の生活の中で次第に汚れていく事がわかりました。

では、そういった汚れた空気が室内に滞留する事で私達の身体にはどのような健康被害があるのかというと、下記のような病気が具体的に挙げられます。

  • ・気管支炎
  • ・気管支喘息
  • ・肺炎
  • ・肺機能低下
  • ・アレルギー

汚れた空気を吸い込む事で、カビなどをはじめ有害な化学物質が体内へと侵入します。そして気管支から肺へと送り込まれる事で、呼吸器系の病気を引き起こす原因になりやすいと言われています。

また、有害な物質が解毒されない状態の汚れた空気(酸素)が肺に取り入れられる事で、有害な酸素が血液に乗って全身を巡ります。呼吸器系の病気だけでなく、アレルギー性の皮膚炎や慢性疾患、最終的には脳にも影響を及ぼし中枢神経障害をもたらす可能性も否めません。

換気性能の高い家

住宅性能として高く評価されるのは高気密・高断熱です。しかし高気密・高断熱である事は換気が難しくなるという事であり、しっかりとした換気性能を兼ね添えた住宅である事が健康的な家の第一歩と言えます。

では実際にどのような家が換気に優れている家と言えるのでしょうか。

窓の位置、窓を開ける位置

換気に大切なのは、まずは空気の入口と出口をつくることです。
この入口と出口を作ってあげるには、家の中で対角線上にある2つの窓を開ける事がポイントです。全開にする必要はなく、数十センチ程で問題ありません。

空気の流れというのはいつでも一方通行なので、どこか一カ所を開けただけ、あるいは換気扇を回しただけでは空気は入れ替わりません。入口と出口を作る事で、汚れた空気が綺麗な空気へと入れ替わります。

2階建ての場合には、対角線上にある1階と2階のそれぞれの窓を開けると良いでしょう。暖かい空気は上昇する性質がありますので、部屋の中で暖められた汚れた空気は2階の窓から排出され、1階から新しい空気が取り込まれる事になります。

住宅設計の際には、“対角線上”を意識した窓の設置場所を検討する事が大切です。また、その地域により季節ごとの風向きというものが決まっています。特に四季のある日本では、季節により主な風向きが変わるという特徴があります。
そういった事を考慮した上で適切に換気のできる窓の設置を検討するのがポイントと言えるでしょう。

換気扇の設置場所

窓を使った部屋全体の空気の入れ替えが非常に大切ですが、特に戸建て住宅では部屋数も多くマンションに比べて間取りが複雑である事が多いです。
その為、換気扇の有効な設置も住宅の換気機能を向上させる一つの手段となります。

キッチン・トイレ・洗面所・浴室といった場所には換気扇を設置し、その換気扇を稼働させた上で一番離れた窓を開ける事で家の中の空気の流れが発生し、汚れた空気や湿気を含んだ空気が外へと放出されて新しい空気が入ってきます。
しかし部屋の間取りによっては、換気扇を利用しても全ての部屋の空気が換気されない場合もあります。空気の入口と出口を工夫する事でできるだけ満遍なく換気ができる様な配慮が必要です。

空気の通り道

対角線上に窓を開ける事、換気扇を上手く活用して換気を行う事が大切ですが、換気の為の空気の通り道を作ってあげる事も大切です。

家の中にある全てのドアはもちろん、下駄箱やクローゼットといった収納箇所についてもドアを開放する事で、汚れた空気や湿った空気が外へと排出され、家の隅々まで新しい空気が行き渡るようになります。

換気タイミング

家の中の空気を入れ替えるのに適切なタイミングは、朝起きた時や外出から戻った時などです。寝ている間に人の呼吸によって発せられる二酸化炭素が夜のうちに部屋の中に充満しますし、二酸化炭素に限らず、内装材や建材から出る化学物質成分は、締め切った室内では5時間程でその濃度が最大値になるとも言われています。

その他にも室内で動物を飼っている場合にはこまめな換気がオススメですし、来客などで大勢の人が集まった場合にはそれだけ空気も汚れやすくなりますのでタイミングをみて一気に換気をするのがオススメです。空気の流れが正しい換気の動線で流れていれば、わずか5分ほどの窓開けでも十分に空気を入れ替える事が出来ます

建築・リフォームでの換気対策

これから新築戸建て住宅を建築する場合や、既に住んでいる家のリフォームを考えている場合にはどのような点に注意して換気対策を行うべきかについて紹介します。

24時間換気システム

高気密・高断熱の住宅でないと、長期優良住宅の認定を受けられない程に今日本の住宅は気密性や断熱性が重視される傾向にあります。
そういった住環境の中でも換気を行う為のシステムとして設置必須とされているのがこの24時間換気システムですが、そのシステムが設置されているだけでしっかりと機能するかどうかは確認する必要があると言えるでしょう。
給気・排気それぞれの換気システムで空気の流れが発生するかどうか、あるいは設計の段階であれば、空気が換気の為に効率よく流れるかどうかを考えたシステムの設置が必要です。

換気の為の空気の流れについては上記でも紹介しました。対角線上の窓を開けるという事が大切です。その為、家の中の空気を入れ替える為の空気の動線を考えた窓の設置場所を検討する必要があります。

また、給気口と排気口に該当する窓には“内開き・内倒し窓”を設置するのがオススメです。このタイプの窓はトイレや浴室にも採用される窓で、窓の上の部分が内側に開くようになっている為、小窓程のサイズ感であれば開けっ放しにしておいても防犯上の心配も無く、雨でも窓から雨水が吹き込んでくる心配がないのが特徴です。

換気は、窓の大きさが問題ではありません。小窓があるだけでも十分に効果が期待されますので、これから家を考える場合には是非換気を念頭に置いた窓選びを心掛けてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
毎日暮らす「家」だからこそ、健康につながる身体に優しい環境でありたいですよね。空気というのは目に見えないものであり、それが綺麗なのか汚れているのか、あるいは人体に害のある有害な物質を含む空気なのかは見分けがつきません。

しかし、人が暮らす家の中の空気というのは少しの時間でも汚れてしまいがちです。日頃から適切な換気を行い、室内の空気を清潔に保つ事で、汚れた有害な空気による健康被害を防ぐ事が出来るような心がけが大切です。

ゼロ区オススメ記事

【火災保険】加入必須?マイホーム購入時の「火災保険」に関する基礎知識

知っておきたい新築戸建ての基礎知識「地鎮祭」「上棟式」とは

新築戸建て住宅の防犯対策“建築前に考える戸建て住宅の防犯設計とは”