仲介手数料無料+キャッシュバック!東京・神奈川の新築一戸建て・中古マンションならゼロ区!

住宅内事故の代表「ヒートショック」と住まいの“温度ムラ”の関係とは

実は、人が亡くなる原因の理由のうち、交通事故よりも多いのが住宅内での事故であるのをご存知でしょうか。
特に高齢者の「ヒートショック」が原因の住宅内死亡事故は後を絶たず、超高齢化社会である日本において大きな課題の一つです。
ここでは、そんなヒートショックを引き起こす住まいの特徴と温度ムラの関係について紹介していきます。

ヒートショックとは

まず、最近よく聞かれるようになった「ヒートショック」について紹介します。
ヒートショックとは、急激な温度変化により身体がダメージを受ける事で血圧の変動が起こり、様々な症状を引き起こす恐れのある現象です。

ヒートショックによる身体への負担

住宅内で発生するヒートショック現象で最も多い場所が浴室です。特に冬場には、暖房の効いた暖かいリビングルームから脱衣所の寒い空間に移動し、服を脱いで寒い浴室に入ろうとすると身体から熱が奪われるのを防ぐ為に毛細血管が縮み、この事で血圧が上昇します。そしてその状態で暖かい浴槽のお湯につかると、今度は縮んでいた毛細血管が広がることで急激に血圧が低下します。そして入浴後に再び寒い脱衣所へと出ると広がっていた毛細血管が縮小し、これにより血圧が急上昇するのです。
こういった、急な温度変化が原因で身体に引き起こされる様々なトラブルを「ヒートショック」と呼んでいます。

ヒートショックによる症状

暖かい所から寒い所へ、あるいは寒い所から暖かい所へと移る事で身体にかかる負担により引き起こされる「ヒートショック」ですが、具体的には下記のような症状が発生しやすいとされています。

  • ・浴槽での溺れ
  • ・失神
  • ・脳梗塞
  • ・心筋梗塞

その他、めまいや立ち眩みなどの症状が発生する事で転倒などの事故につながる事例も多く発生しており、特に高齢者には症状が出やすいのが特徴です。

住宅内の温度差

命に関わる影響を及ぼしかねないヒートテックという症状。温度の高い場所と低い場所を行き来する事で身体に負担がかかる事がその原因である事がわかりました。ではその「温度差」が及ぼす身体への影響を詳しくみていきましょう。

自律神経の乱れ

ヒートショック現象とまではいかなくても、住宅内で温度差や温度ムラが発生している家では、自律神経の乱れなどの症状が発生する可能性があります。
例えば夏に冷房の効いた涼しい部屋と、30℃前後の蒸し暑い環境とを行き来していると体調が優れないという事はありませんか?

身体のだるさや食欲の低減、めまいや気持ち悪さを発症する事も多くあります。夏場は熱中症と症状が似ていますが、ただ暑いだけではなく温度差が原因でこういった症状が引き起こされているという可能性も考えられます。

冬の場合も同様に、暖房の効いた暖かい部屋と、そうでない廊下やトイレなどの寒い空間とを行き来する事による身体への負担は自律神経の乱れにつながります。

※自律神経とは・・・

自律神経とは、自分の意思とは関係のない所で常に稼働している神経の事を指します。リラックスしている時や休息時に働いている副交感神経と、反対に緊張している時や活発に動いている時に働いている交感神経とこの二つの神経が協調し合う事で呼吸や血液の循環、あるいは内蔵の活動といった身体の機能が適切に動き、コントロールされています。そういった機能の中の一つである「体温調節」が、“温度差”や“温度ムラ”によって適応力が低下し、機能が乱れる事で自律神経機能全体の乱れへとつながってしまうのです。

自律神経の乱れによる症状

上記でも説明しましたが、自律神経の乱れが発生する事による症状には身体のだるさや食欲低減などが代表的なものとして挙げられます。
それらの他、身体に及ぼす具体的な影響として下記の症状が考えられます。

  • ・肩こり
  • ・腰痛
  • ・偏頭痛、慢性頭痛
  • ・代謝低下
  • ・精神的ダメージ(イライラ、うつ症状など)

住宅内の温度差や温度ムラがある事で、知らず知らずのうちに身体に負担をかけ、これらの症状が引き起こされてしまうという可能性があるという事は、生活の拠点となるマイホームの在り方を考える事が健康を考える上での重要な項目である事がわかります。

温度差のある住宅

夏には冷房を使い、冬は暖房を使う。廊下やお風呂やトイレなどは冷暖房器具の効果が届かないので温度差が生じる。そんな家が日本のほとんどである事かと思います。しかし、海外に目を向けてみるとどうでしょう。日本の住宅レベルの低さが露見する、住宅の断熱性の高さに驚きます。

断熱性の低い日本の家

特にヨーロッパなど海外では、住宅の断熱性能には基準が設けられており、「熱貫流率(U値)」と呼ばれる窓の断熱性能を表す数値に関して、最低基準が設けられています。
この熱貫流率(U値)は、数値が小さい程断熱性能が高いと評価されるのですが、例えばドイツでは0.95、スウェーデン1.0、デンマーク1.5、イギリス1.8といった基準が設けられています。

ですが日本ではどうでしょう。建築基準法に熱貫流率の最低数値を定める決まりは無く、北海道でさえ熱貫流率の平均値は2.33程度とされています。とはいえこれは日本の住宅にしてはかなり優秀と言える数値であり、関東地方をはじめ寒冷地でない限りは一般的なアルミニウム製のサッシにガラスが装着されているタイプの窓なら熱貫流率が6以上である事も珍しくありません。

このように、熱貫流率の高すぎる窓を使った住宅が基本になってしまっている日本は、海外の住宅と比較すると断熱性能の低さが伺えるというのが現状です。

隙間の多い家

特に戸建て住宅では、家の中の様々な場所に隙間が隠れていると言われています。天井と屋根の間や床下、柱と壁の間など、空気の通り道が多く存在しているという事です。空気の通り道が存在しているという事は、室内の空気が外に逃げたり外の空気が室内に入り込んでくる可能性があるという事になります。

日本は昔から“風通しの良い家”が主流でした。確かに、風通しが良い事は住居内の換気に適していますし、空気の良さを保つ為には重要と言えます。しかし、住宅の気密性・断熱性という点でしっかりと対策が施されていない場合には、空気が無駄に逃げてしまう“隙間”の発生につながります。

断熱性と温度差の関係

夏に熱い家は冬寒い家になります。こういった家は、「断熱性の低い家」と言えると思います。熱貫流率の低さや隙間の多さはもちろん、気密性の低さなど、住宅の「断熱性」や「気密性」に関する様々な項目において低い基準で建築されていると、断熱性の低い家になります。室内の空気と室外の空気の出入りが発生する事で住宅内のあちこちで“温度差”が発生する家になってしまうのです。

現在は冷暖房器具も機能が向上してはいますが、その機能の良さを家が受け止めきれない場合にはほぼ無駄であり、かつ部屋の内外での温度差が大きくなる事で体調不良を起こす可能性が高くなると言えるのです。

温度差のない快適な家

住居内の温度差が身体に与えるダメージは非常に大きく、危険である事がわかりました。そういった状況を引き起こす家がどのような家であるかもわかった所で、では具体的にどのような家づくりをする事が、1年を快適に過ごす事が出来るのかについて紹介します。

窓に関する対策

はじめにお伝えした「熱貫流率」の件を思い出していただきたいと思います。「気密性」「断熱性」を売りにするハウスメーカーも多い中、実際のところ明確な建築基準は無く、海外と比較するとかなりレベルの低い断熱性・気密性で建てられているのが日本の住宅です。

この熱貫流率のレベルの低さが出るのが「窓」ですので、有効な対策としては窓回りの断熱性強化が考えられます。
これから建築するのであれば、できるだけ断熱性能の高い窓枠・窓ガラスを採用する様にします。建売や売建て住宅では選択できないケースも多いでしょうし、今住んでいる家で既に断熱性が低いと感じているのであれば下記のような対策も有効です。

・断熱シートの使用

ホームセンターなどで売られている、窓に直接貼るタイプの断熱シートを貼るのも有効です。柄付きのものも販売されており、インテリアとして楽しむ事もできる上、自身で簡単に貼りつけができるのもメリットです。

・断熱カーテンの使用

現在使っているカーテンが断熱機能を有していないものであれば、断熱性能のあるタイプに変更するというのも一つの手です。窓との隙間をできるだけ作らない幅や長さを選んで設置する事で、窓からの冷気や暑さを防ぐ事が可能です。

エアコンの上手な使い方

夏は我慢できない程に暑くなったら冷房を入れ、冬には反対に寒さに耐えられなくなってきた段階で暖房を入れてはいませんか?
実はこの使い方は家の中の温度ムラを作り出す原因になってしまうのです。外気温に影響されただけ家自体の温度が熱くなったり寒くなったりします。そうなってしまってからだと、冷房や暖房を使ってもなかなか家そのものの温度が快適な温度に保たれるまでには時間がかかります。除湿機能などを有効に活用し、家全体が熱くなる・寒くなる前に温度調整を行う事が家全体の温度差をなくすポイントです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。住まいの温度差が引き起こす身体への影響やその原因・対策について紹介してきました。

高気密、そして高断熱である事が住宅建築の一つの基準になっている近年の戸建て住宅ですが、実際の基準というのは少し曖昧な部分もあり、特に家の中の“温度差”の原因になる窓周辺の温度管理については他国と比較しても、明確な指針がある訳ではなく住宅性能としては遅れをとっているのが現状です。

健康に影響のある室内の温度管理を容易く行う事のできる快適な住まいづくりを是非検討してみていただきたいと思います。

ゼロ区オススメ記事

2020年基準地価から読み解く、土砂災害リスクで地価が大幅下落する時代-土砂・水害と宅地建物取引の相関関係

地震に強い戸建て住宅の為の基礎知識 「地盤」や「土台」のつくり方

戸建て住宅建築に採用したい“木造住宅”のススメ 注文住宅で考える家作りの基本。改めて知る“木造住宅”の魅力やメリットとは