仲介手数料無料+キャッシュバック!東京・神奈川の新築一戸建て・中古マンションならゼロ区!

UFO?犬?靴?世界中の変な家を調べたら中身もファンキーだった!

出典:The Futuro House

どんな家に住みたいかと考えたとき、私たちの頭の中にはいわゆる一般的な家の形が思い浮かびますよね。日本には厳しい建築基準法がありますし、周りを見ても似たような家が多く並んでいるので、たとえ注文住宅であっても突飛なデザインが思い浮かぶことは少ないでしょう。

しかし世界に目を向けてみると、一見して何かわからないような「変な家」はいくつも存在しています。あまりにも変な家だと、「中がどんな風になっているか」「なぜこんな形になったか」など、ちょっと気になりますよね。

日本には地震の問題もありますので、変な家そっくりなデザインの家に住むのは難しいでしょう。しかし他にはないユニークなところを部分的に取り入れることはできそうですし、いつの日か自分らしい家づくりをするときの参考になる可能性はあるかもしれません。

そこで今回は、世界中にある変な家の外見だけでなく中身についてもお伝えします。見ているうちに、家に対する価値観が変わる人もいれば、やっぱりフツーの家が一番だなと感じる人もいることでしょう。眺めているだけで愉快な気持ちになれる変な家を、どうぞじっくりご覧ください。

UFOそっくりな「フトゥロハウス」

出典:The Futuro House

自然の中で突然こんな形のものに遭遇したら、誰でも驚きますよね!UFOそっくりの変な家ー「フトゥロハウス(Futoro House)」は、実は知る人ぞ知る有名な建築物なのです。フトゥロハウスが発売されたのは1969年、アポロ11号によって初めて人類が月面着陸に成功したのと同じ頃でした。

世界中が月面着陸で大騒ぎになっていた頃、宇宙ブームにのって発売されたといういわゆる流行り物だったのです。それにしても50年も前の建築物とは思えないけど、今見ても攻めてるデザインですよね。フトゥロハウスは一般的な住居ではなく、スキー用の山小屋や別荘として簡単に組立・分解ができるように設計されました。

宇宙ブームの中、フトゥロハウスは話題にはなったものの100軒も売れずに生産終了となってしまいました。売れなかった理由は、1970年代のオイルショックの影響など諸説ありますが、「人が生活するのに使いにくかった」という話も聞かれます。たしかにUFOみたいな円形のフォルムは魅力的ですが、ムダが多そうですよね。

このフトゥロハウスは、世界各国で放置されているような状態でしたが、近年になって芸術的価値があると見直されて修復されるようになってきました。美術館で作品として展示されたり、スキー場で利用されたりしていますが、中には住居としている方もいます。現在、世界中に約60個のフトゥロハウスが残っていることが確認されています。

フトゥロハウスは、フィンランドの建築家マッティ・スーロネンが設計したプレハブ住宅で、サイズは高さ4メートル、直径8メートルです。

ここからは世界中に残っているフトゥロハウスを見ていきましょう。

ノルウェーにあるフトゥロハウス

出典:The Futuro House

出典:The Futuro House

ロシアにあるフトゥロハウス

出典:The Futuro House

出典:The Futuro House

イギリスにあるフトゥロハウス

出典:The Futuro House

出典:The Futuro House

フトゥロハウスを組み立てている動画はこちらです。

日本にある2軒のフトゥロハウス

出典:The Futuro House

実はフトゥロハウスは日本にも2軒だけ輸入されました。そのフトゥロハウスは、長野県(軽井沢)と群馬県にあります。しかし軽井沢にあるこちらのフトゥロハウスは、残念ながら長年放置されて人が使用している形跡がありません。

もう一軒のフトゥロハウスは、群馬県のフェリカ建築&デザイン専門学校のシンボルとして、建築を学ぶ学生にインスピレーションを与える存在として今なおイキイキと輝いています。※学校説明会や体験入学時に中を見学可能。

出典:フェリカ建築&デザイン専門学校

アメリカにあるフトゥロハウス

出典:The Futuro House

出典:The Futuro House

世界で一番フトゥロハウスを愛した男

出典:Moon to Moon

アメリカにあるフトゥロハウスは他と違い、少し薄汚れていて生活感が出ていますよね。それもそのはず、こちらのフトゥロハウスには40年近くも人が住み続けているのです。この熱狂的なフトゥロハウスの住人の名は、バーニーヴィンセレットさんといいます。

バーニーさんがフトゥロハウスに住み始めた頃は、近所に変人扱いされて大変だったそうです。フトゥロハウスに住んでいるという理由だけで彼女もできないほど、周りから変人だと見られていました。それでもフトゥロハウスに住むことを止めなかったバーニーさん。

「フトゥロハウスはただの家ではなく、私の生き方そのもの」と、どんなに反対されても住み続けた結果、1984年にフトゥロハウスが映画の撮影に使われるという嬉しい事件がありました。それからは周囲の嫌がらせもなくなり、今では理解ある奥さまと結婚して仲良く暮らしています。

出典:Moon to Moon

バーニーさんは働きながら夜間コースで物理学の博士号などを取得して、2009年には晴れて大学の非常勤数学教授となっています。フトゥロハウスに住むという生き方が、彼の人生に強力なエネルギーを注いだのかもしれませんよね。

写真からも伝わるように、UFOに勝るとも劣らないファンキーなご夫婦です。

犬好きにはたまらないB&B「ドッグバークパークイン」

出典:Dog Bark Park Inn

ドッグバークパークイン(Dog Bark Park Inn)」は、宿泊と朝食がセットになった民宿のような宿泊施設(B&B)です。アメリカのアイダホ州にあって、宿泊可能シーズンは4月から10月まで。事前予約で相談すればペットも一緒に宿泊できます。

オーナーはチェーンソーアーティストのご夫妻

出典:Dog Bark Park Inn

この宿泊施設のオーナーは、デニスさんとフランシスさんご夫婦で、お2人は「チェーンソーアーティスト」です。チェーンソーアーティストとは聞き慣れない言葉ですが、デニスさんは独学でチェーンソーアーティストになって、のちにフランシスさんも一緒に作るようになったので、世界的にも珍しいアーティストなのです。

チェーンソーアーティストとは、こんな風に器用にチェーンソーを使って彫刻をする芸術家のことです。

出典:Dog Bark Park Inn

デニスさんとフランシスさんは、チェーンソーで次のような作品を生み出しています。ドッグバークパークインでは、これらの作品を買うこともできます。

出典:Dog Bark Park Inn

出典:Dog Bark Park Inn

内装も手作りの犬作品だらけ

出典:Dog Bark Park Inn

ご夫婦は、チェーンソーで彫刻した作品を売ったお金でこの夢のような犬型の宿泊施設を作ってオープンしました。内装にも犬への愛があふれていますし、朝食には犬型のビスケットが出ることもちょっと嬉しいポイントです。

出典:Dog Bark Park Inn

大きな犬とともにドライブ

出典:Dog Bark Park Inn

犬好きが高じてしまったせいでしょうか。オーナーのデニスさんの愛車には、大きな犬のアート作品が乗っていて、この車でデニスさんはあちこち出かけています。

出典:Dog Bark Park Inn

どこまでも続く広大なキャノーラ畑ともよく合っています。

出典:Dog Bark Park Inn

かなり大きな犬が車におおいかぶさっているのがわかります。

出典:Dog Bark Park Inn

なんと犬用のサングラスまであります。雄大な自然に囲まれて犬もリラックスしているように見えますよね。

ちなみにドッグバークパークインの口コミとても高評価で、チェーンソーアーティストでもあるオーナーご夫婦は、見た目通りに優しくて気さくな方だと評判です。もし近くを旅する機会があれば、宿泊されてみてはいかがでしょうか。

ドッグバークパークインの様子がわかる動画はこちらです。

巨人の靴みたいな家「ヘインズシューハウス」

出典:Designing Buildings Wiki

この靴型の変な家「ヘインズシューハウス(Haines Shoe House)」は、1948年に靴のセールスマンであるマロンヘインズさんによって広告のために建てられました。マロンさんは別名「靴の魔術師」と呼ばれていたので、よほど靴に対する愛があったのでしょう。しかし実際には靴屋ではなく、アイスクリーム屋さんが入っていました。

この「ヘインズシューハウス」が建てられたのはずいぶん昔なのですが、今でもアメリカのペンシルバニア州で観光名所として人々の目を楽しませています。現在のオーナーはジェフさんとメラニーさんご夫婦で、お二人は古くてユニークなものが大好きなのでこの家を買ったそうです。

出典:Haines Shoe House

内装はレトロポップで可愛らしい

出典:Haines Shoe House

内装はレトロポップで可愛らしい印象です。窓の数は少なめですが、落ち着いていて過ごしやすい雰囲気ですよね。

靴の中はアイスクリームとスイーツでいっぱい

出典:Haines Shoe House

大きな靴の中では、今でもアイスクリームやスイーツを売っています。スイーツの見た目もポップでカラフルなので、この家のユニークさとマッチしていますよね。

ヘインズシューハウスの様子がわかる動画はこちらです。

靴型の変な家をもう一つご紹介します。ニュージーランドにある巨大な靴の家は、おとぎ話に出てくるような幻想的な雰囲気を持っています。靴ヒモなどすごく細かな部分までリアルに作り込まれているこの家は、実は宿泊施設(B&B)なのです。

断崖絶壁にかけた巣箱「ネストインボックス」

出典:Nestinbox

まるで鳥の巣箱が崖に並んでいるような変な家「ネストインボックス(Nestinbox)」は、スウェーデンで生まれた新しい住宅のアイデアプロジェクトです。今までどんな変な家であろうとも、「地面に対して垂直に建っている」という部分は共通していましたが、この家はその当たり前の概念をぶち壊したのではないでしょうか。

世界中の大都市では家を建てられる土地は限られているので、どうしても住宅の価格は上がるばかりですよね。しかし、もしこのネストインボックスのアイデアが現実のものとなったら、住宅問題に一つの答えが見つかることでしょう。

今まで住宅地として考えられなかった崖などに家が建てられるとなれば、土地の価値も変わってしまうかもしれません。スウェーデンには崖だらけのスカンジナビア半島がありますし、狭い国土に山が多い日本にとってもこのアイデアは新しい住環境をもたらす可能性に満ちていますよね。

この小さい巣箱のような変な家は、そのまんま「鳥の巣」をヒントに作られました。建物を建てるための土地が不足していて、都会の住宅価格が高騰している状況をどうにかしたいと考えて生まれたプロジェクトなのです。「もう土地がない」と思っていても、鳥だったら崖でもどこでも巣を作るので、それでひらめいたってわけですね。

意外にも内部は開放的なオシャレ空間

出典:Nestinbox

外から見ると小鳥の巣箱みたいなネストインボックスですが、内部は吹き抜けを大きくとっていて、狭さを感じさせない作りです。崖に取り付けるという特殊性からかあまり大きな家は想定していないようで、基本的に1人か2人が暮らせる程度の大きさで設計されています。

外観はシンプルでプライバシーに配慮したデザイン

出典:Nestinbox

ナチュラルな木の色とブラックのコントラストが、シンプルかつシャープな印象を作り出していて、巣箱のような家に北欧らしいテイストを感じさせます。ネストインボックスは、隣に家が並んでいくというスタイルですので、プライバシーを考慮して片側の立体面には窓をつけていません。

高所にある家ですので、窓からは何にも遮られることのない絶景が広がっているでしょうから、ネストインボックスには、土地問題を解消する以上の価値が出そうです。

一人暮らしや小さな家族に適した間取り

出典:Nestinbox

50平方メートルのリビングは、ロンドンなどの主要都市の空間基準に合わせていて、それぞれの家には次のような部屋があります。

  • ・キッチンとダイニング
  • ・リビングルーム
  • ・シャワー付きトイレ
  • ・ダブルベッドルーム
  • ・スタジオスペース(将来子ども部屋にできる)

家の中央にあるらせん階段が1階から3階までをつないでいて、吹き抜け部分が小さな家の中を大きく見せています。離れた部屋にいても、らせん階段を通じて家族のつながりが感じられるようなデザインに仕上がっているのです。

断崖絶壁にある通路

出典:Nestinbox

ネストインボックスに入るには、家への通路となっている崖に面した階段を上り下りします。人間は鳥のように飛んで家に入るというわけにはいきませんので、階段を使わなければならないのはちょっと不便ですよね。

崖に設置されている階段ですので、眺めはいいと思いますが家が高所にある場合、高所恐怖症の人にとっては家への通路を歩くのはツライことかもしれません。小さな子どもにとっても、こういったむきだしの階段は危険ですので、ネストインボックスは住人を選ぶ家といえるでしょう。

ネストインボックスのアイデアプロジェクトは、2017年にスタートしてから2020年の今も実現に向かって進行中です。住宅の新たな可能性を広げるこのプロジェクトの今後に期待しましょう。

まとめ

今回は、世界中にある変な家の外見と中身についてお伝えしました。どんな内容だったか、あらためてふり返ってみましょう。

UFOそっくりな「フトゥロハウス」

  • ・1969年に発売されたが、すぐに生産終了となった
  • ・簡単に組立・分解できるプレハブ住宅
  • ・スキー場などで利用されている
  • ・日本にも2軒輸入されていた
  • ・気に入って約40年住んでいる人もいる

犬好きにはたまらないB&B「ドッグバークパークイン」

  • ・オーナーはチェーンソーアーティストのご夫妻
  • ・内装も手作りの犬作品だらけ
  • ・朝食には犬型のビスケットが出る
  • ・オーナーの愛車には、大きな犬のアート作品が乗っている

巨人の靴みたいな家「ヘインズシューハウス」

  • ・1948年に広告のために建てられた
  • ・初代オーナーは靴のセールスマン
  • ・見た目は靴だが中身はアイスクリーム屋さん
  • ・内装はレトロポップで可愛らしい
  • ・今でも観光名所としてアイスクリームなどを売っている

断崖絶壁にかけた巣箱「ネストインボックス」

  • ・スウェーデン発のアイデア住宅プロジェクト
  • ・鳥の巣をイメージして作られた
  • ・土地が足りないという住宅問題を解消できるかも
  • ・内部は開放的でオシャレな空間
  • ・外観はシンプルでプライバシーに配慮したデザイン
  • ・一人暮らしや小さな家族に適した間取り
  • ・断崖絶壁にある通路は、高所恐怖症の人や子どもにはツライ

さまざまな形の変な家を見てきましたが、その中で生きる人もファンキーな人が多かったような気がします。UFOの家は住みにくそうとはいえ、見るだけでテンションが上がりますし、お店をやりたいと考えている人にとって靴の家は目立つので宣伝がいらないところがいいですよね。

何より驚いたのは、UFO型のフトゥロハウスに40年近くも住んでいるバーニーさんの「フトゥロハウスはただの家ではなく、私の生き方そのもの」という言葉ではないでしょうか。変な家に住んでいることでどんなにバカにされても、自分の信念を決して曲げなかった心の強さは、なかなかマネできることではありません。

これらの個性的な家や中の人たちを見ていると、空き地の片隅に秘密基地を作って遊んでいた幼い頃の思い出が蘇ってきます。自由に好きな形を作って、大人が見てもまるで基地には見えないのに「秘密基地」だと言ってみんなで守っていたあの空間…。

私たちにとって究極の理想の家とは、秘密基地みたいな場所なのかもしれません。たとえ他人からどう思われようとも、「ここだけはこだわりたい」というポイントを、きっとみんな持っていたはずですよね。

変な家たちは、大人になった私たちが忘れてしまった自由に想像する心を思い出させてくれるきっかけになってくれることでしょう。好きな形の家に住めるとなったら、あなたはどんな家に住みたいですか?その答えの中にあなたの理想の住まいのヒントがあるかもしれません。

参考:
The Futuro House
Moon to Moon
Dog Bark Park Inn
The Haines Shoe House
Living Big in a Tiny House
Nestinbox

ゼロ区オススメ記事

トヨタ自動車が目指す近未来都市「ウーブン・シティ」とは何か

消費増税後の住宅購入をめぐる消費者心理はどうなっているのか~コロナショックを見据えて

「コロナショック」住宅産業は今どうなっているのか